プライバシーポリシーサイトマップ
トップページへ匠の紹介伝統工芸豆知識えどコレ店長瓦版お問合せ会社概要
山川英夫インタビュー

床の間、障子、ふすま、欄間……。私たちが思い浮かべる日本建築のイメージは、室町時代に生まれた書院造りに由来する、組子細工もまた、この時期に生まれ、江戸時代に独自の進化を遂げた。山川英夫さんは、200種類以上ある複雑な組子文様を使い分けるベテランの建具師だ。16歳でこの道に入って以来、和の伝統を重んじる建主たちの厳しい要望に応えてきた。

――中学を卒業して、この道に入られた。
「生まれたのは栃木ですが、学校を出てすぐ浅草の木工所で働きはじめました。親方の奥さんが私と同郷ということもあり、でっち奉公をすることになりました。その木工所は、細かい仕事が得意なところで、8年ほど修行させてもらいました。組子細工は、親方の仲間に名人がいて、その人のもとで教わりました。やり方を覚えたら、休みの日に何度もくり返し練習しました。建具師として独立したのは、25歳のときです。東京オリンピックが開催された年で、景気もよかった。給料は低かったけど、働けば働くほど稼げました」

――東京オリンピック以降、生活スタイルが一変しました。
「私は、単価の高い和物の仕事が中心だったので、それほど影響はありませんでした。逆にバブルのころは、農家の方が土地を売って豪邸を建てていましたから、引っぱりだこでした。時代の変化を感じるようになったのは、平成に入ってからです。大手の建材メーカーが、システム化した建具を安く販売するようになり、建具屋の出番が少なくなりました。それでも、なんとかやってきていましたが、アメリカの金融恐慌が起こってからは、経営が一段と厳しくなりました。昨年、江戸川区の伝統工芸振興会に入ったのは、業界全体をもりたてたいという気持ちからです」


――組子建具の歴史を教えてください。
「組子は、障子やふすまなどの建具の装飾に使われる細工のことをいいます。建具は、平安末期、貴族が暮らしていた寝殿で使われるようになりました。室町時代に書院造りが生まれると、建具はさらに発展して、障子の桟などに細工を加えるようになりました。その代表格が組子で、日本建築独特の装飾技法です。組子細工は、建具師にとって腕の見せ所なのです。一人前になるには、最低でも10年はかかります」

――組子の文様は、どのくらいの種類があるのでしょう。
「現在、伝えられているものは、200通りくらいあります。そのほとんどは、江戸時代に生まれたものです。基本となる組み方は、『一重菱』といって、4本の細木を組み、菱形のパターンを作るものです。実は、この組み方が一番難しくて、慣れない人が作ると、うねってしまいます。私がよく使うのは、『麻の葉』という組み方です。正六角形を組み合わせた形が麻の葉に似ていることから、こう呼ばれます。麻は、成長が早く、真っすぐに伸びるので、麻の葉文様は赤ん坊の産着の柄としても使われてきました。ほかには、『胡麻柄亀甲』といって、正六角形の中に亀甲が浮かび上がる柄も縁起がよいので、よく使いますね」

――材料にはどんな木を使うのですか。
「私はもっぱら木曽ひのきを使います。たまに秋田杉やヒバも使いますが、年輪が細かいひのきのほうが品があって細工がしやすい。細かいことをいえば、木には、木表と木裏というのがあって、建具屋は、木表が外側にくるように作ります。そうすると、手で触ったときの感触がよくなります。昔の職人は、木の表裏を間違わないよう、目印として『心』という字を書いていました。心を込めて作っているという自負のあらわれです」



――細かい文様は、1000分の1㎜単位で削るそうですね。
「くぎを使わずに、木材を細かく組み合わせる組子細工は精度との闘いです。模様が複雑で細かくなるほど、ちょっとした寸法の狂いが全体に影響を及ぼします。熟練の建具師は、1000分の1㎜単位で材料を削っていきます。これは、機械ではできない精度で、職人の勘だけが頼りです。カンナで削るとき、あと1回削るかどうか、そうした感覚は、数をこなすことでしか会得できません。木材は湿度の影響を受けやすいので、雨の日に作業するのは嫌ですね。逆に冬は乾燥しているので、組んだあとに濡れぞうきんでふけば、ピシッと組み上がります」

――組子細工の小物も作っておられます。
「一番の人気は、『麻の葉』の組子コースターです。組子細工を一般にPRするため、20年ほど前に考案したところ、いまでは全国で同じような商品を見かけるようになりました。こうした小物でも、上手下手があって、下手な人が作ると、使っているうちにねじれが生じて、ぐらぐらしてきます。ほかには、あんどんを組子で作ったこともあります。最近は、和室が少なくなってきたので、カリンやウォールナットなどの外材を使って、洋間に合う組子細工も研究しています」

写真:岡村靖子 構成:菅村大全

やまかわ・ひでお/

昭和29年 16歳より浅草・角井木工所に入職し、建具見習を始める。
昭和39年 江戸川区の現在地に山川建具を開業。
昭和52年 (有)山川建具に社名変更。法人組織化し現在に至る。
平成6年 この道一筋に建具製作の技術に精進。
伝統工芸修得に励み、成果が認められ、東京都優秀技能者表彰を賜る。

東京建具協同組合副理事長。 他に公職として、中央技能検定委員を務める。

山川英夫 代表作 木漏れ日
山川さんが今回初めて江戸川伝統工芸産学公プロジェクトに参画し生まれた斬新な製品です。現代の住宅は洋室主体となり和室が限定的となっています。 そんな現代の住居の中でも粋な建具として使用されたいというコンセプトから美大生(女子美術大学 今西美月さん・野々宮彩乃さん)と知恵とアイデアを絞って完成したものです。 動きに表情があり色の組み合わせも工夫して眺めて安らぐ、という思いがデザインに込められています。 この作品は、産学公プロジェクトの新作発表会で来場者アンケートの一番人気商品となり江戸川区から表彰を受けました。
組子コースター/麻の葉
組子コースター
麻の葉
 
組子コースター/麻の葉
和盆/麻流し
和盆
麻流し
 
和盆/麻流し
雪/(時計)
雪/時計
 
 
雪/(時計)
こぼれ灯
こぼれ灯
 
 
こぼれ灯
山川英夫の作品を購入する
山川英夫についてのお問合せ

えどコレマイスタートップへ

新井克己インタビューページへ
一ノ谷禎一インタビューページへ
奥田禄郎インタビューページへ
草薙惠子インタビューページへ
後藤明良インタビューページへ
小室輝夫インタビューページへ
笹谷義則インタビューページへ
篠原裕インタビューページへ
高橋栄一インタビューページへ
高橋英雄インタビューページへ
田中松夫インタビューページへ
新倉綾子インタビューページへ
野中美恵子インタビューページへ
林信弘インタビューページへ
深野晃正インタビューページへ
細野勝インタビューページへ
松井宏インタビューページへ
三橋京子インタビューページへ
山川英インタビューページへ
山口敦雄インタビューページへ
山富繁子インタビューページへ